賃貸を契約する際に気にする事

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件は南向きか東向きか

賃貸物件を探すときには窓の位置がどちらにあるかを考えます。アパートやマンションのことが多く、窓はベランダ側にしかついていないことが多いです。そこから日差しが入ってこなければそのほかから得ることは難しくなります。ではどちらを向いているところを探すかですが、一般的によく言われるのはみな見向きです。なぜ南向きがいいのでしょうか。

これは太陽の動きによります。太陽は東から徐々に昇っていきます。季節にもよりますがこのときにはん南の上空に徐々に上っていきます。そのため日中を通して日差しが得られます。ただし午前中は東向きに比べると弱くなります。特に前に建物があったりするとそれに遮られやすいです。多くの建物は南向きに建てられることが多いので、それによって得られないこともあります。

そこで探したいのが東向きです。東向きは朝から午前中を中心に日差しが得られます。午後は少しずつ日差しが弱くなっていきます。南向きに比べると1日中明るいわけではないですが、朝に確実に日差しが得られます。平日は朝に朝日を浴びることが重要です。また平日の日中はあまり家にいないでしょう。一日日差しがあってもそれほど大きなメリットではありません。東向きの建物は南向きに比べて少なくなります。