賃貸を契約する際に気にする事

このエントリーをはてなブックマークに追加

住む場所を選ぶには購入と賃貸のどちらがいいのかと

住宅には主に、一戸建てからアパート、マンション、団地などがありますが、住宅には賃貸としてのみ借りて暮らしていくことができる団地と、購入も賃貸もできる一戸建て、アパート、マンションがありますが、購入と賃貸どちらにとってもメリットもデメリットもあるため、住宅を選ぶには常にどの選択がいいのかと、議論になることも多いようです。

住宅を購入することによるメリットには、購入することによって自分の持ち物となるため好きなようにリフォームすることができたり、資産としての価値があるので資産運用としても利用することができたりなどのメリットがありますが、購入することによって、税金がかかってしまうことや購入してしまうとなかなか引っ越しができなくなってしまうというデメリットがあります。

住宅を賃貸にすることによるメリットは、賃貸物件にはたくさんの種類があるため自分の好きなような物件を選ぶことができたり、気に入らなくなるとすぐに引っ越しをできたり、賃貸では税金はかからず、毎月家賃を支払うだけの費用ですむため、費用を抑えることができるというメリットもありますが、逆にいうとデメリットとしてはどんなにお金を支払い続けていっても一生自分のものにはならず、また退去時にはリフォームするための費用がかかってしまうことがあります。