賃貸を契約する際に気にする事

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件を選ぶ時の判断基準

12年前から一人暮らしをしています。私が賃貸物件を選ぶ判断基準の中に、周囲の環境があります。自宅で仕事をしているので、静かな環境の物件をまず探します。大きい通りから1本入った所にある物件は、車の騒音があまり聞こえないのでとても住みやすいです。部屋の内見に行った時には賃貸物件の周囲を一通り見て回ります。

駅から歩いて10分ぐらいまでの賃貸物件を選べば外出時に交通費の節約にもなります。駅までバスを使わないといけないぐらい遠い物件だと、バス代がかかるので経済的ではありません。また、バスは時刻表通りに来ない場合が多いので、出来るだけ駅まで歩ける距離の物件を選んでいます。今住んでいる賃貸マンションの間取りは1DKで、一人で暮らすにはちょうど良い広さだと感じています。広めのクローゼットがあるので、部屋に物が散らかる事もなく快適に暮らす事が出来ます。ベッド以外に大きな家具も置いていないので、1DKにしては広く感じます。以前はパソコンデスクやチェストなどを置いていたのですが、家具を減らしてから部屋を広く使えるようになりとてもゆったりと生活をする事が出来るようになりました。物を減らせば狭い賃貸物件でも快適に暮らす事が出来ると感じています。

おすすめ情報